北海道のうまいもん通販情報!

top-bna

酒の肴にバッチリ!北海道の「鮭トバ」って知ってるかい?

毎度父ちゃんです!

今回は北海道のアイヌ民族から伝わる
「鮭トバ」を教えちゃうぞ。

toba300
出典ウィキペディア「鮭とば」

 

道産子の酒の肴にお約束の
「鮭とば」

 

カチンカチン硬いけど噛めば噛む程旨みが
ジュワ~ッと出てくる。

 

アイヌ民族から伝わる
北海道の伝統的な郷土料理の一品だ。

 

ちょっと「鮭とば」を
ウィキで詳しく調べてみた。

[titled_box color=”white” title=”鮭とば(さけとば)とは?”]秋鮭を半身におろして皮付きのまま縦に細く切り、海水で洗って潮風に当てて干したものである。
「とば」は漢字で冬葉と書き、冬の北海道・東北地方・新潟県(村上市)の風物詩となっている。また、「とば」がアイヌ語の tupa トゥパ「鮭を身おろししたものを更に縦に細かく切って乾かしたもの」に由来する可能性もある。[/titled_box]

 

ん~なるほど。

 

アイヌ語でtupa トゥパって言うのは
父ちゃんも初めて知った。

流石ウィキ!w

 

鮭はもともと川で産卵し、孵化してから海に行き
また自分が生まれた川に帰ってくるんだ。

「カンバック!サーモン!」てやつだな。

 

北海道では冬になると海岸で
サケ釣をする人が多いんだよね。

岸壁にズラッ~と釣竿がならぶんだ

 

鮭は海で釣るぶんにはOKだけど
川に遡上してくる鮭は釣っちゃダメだ。

密猟になってしまうからなw

 

そんな釣った鮭をお腹をさき
オスは白子、メスは筋子をとるんだ。

 

よくあるイクラはメスの筋子を
丁寧にバラして醤油、酒につけたのが
「イクラ」なんだよ。

 

鮭は捨てる所がないなんて言うほど

  • 身と皮は塩焼きやバター焼き。
  • 骨は味噌汁や粕汁。
  • 頭は氷頭なます(酢の物)

一匹丸々自然の恵みなのさ。

 

ん~~!
素晴らしいね!鮭!

 

次回は「鮭とば」についてさらに
詳しく教えるぞ。

 

今日はここまで。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です